#

講師養成の先駆けとして

2015年12月28日配信

今年も残り数日となりました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

師走にあたり今年1年を振り返る時期でもありますが、今年最後のメルマガは私が起業した時を振り返りたいと思います。

私が起業したのは1993年。転職でさまざまな挫折を味わった上での決断でした

「マナー講座で起業しよう」、そう決意したものの、“売り込める具体的な実績やノウハウ”はない。

そこで、ノウハウを学ぶために、ある大学教授のもとで1年間、無給でアシスタントを務めました。

今思えば、あの時に腹をくくったからこそ、キャリアが拓けたのです。

その後、大学を相手に、あるいは専門学校へ、就職活動のためのマナー講座を企画し、売り込みを始めましたが、少子化で学生は減る一方。

そこで、社会人相手の企画がないかと問われた時に、「インストラクターの養成」を思いついた訳です。

私自身、教えてくれるところがなかったから、自分でノウハウを収集した。

だから、教える人=インストラクターを育てよう、そう覚悟を決めたことがきっかけです。

やりがいのある仕事とは、理想だけではなく、理想+覚悟を決めた仕事のこと。

そう信じて邁進し、今や2千人以上の卒業生を送り出しました。

起業当時、マナー講座はあっても、そのインストラクターを育てる機関はなかった。つまりマナーインストラクターの先駆けとして、20年以上走り続けている訳です。

そのノウハウ、実績を注ぎ込むのが、この日本講師協会です。

さまざまな要因で人生のリセットを考えていらっしゃる方に、この協会がひとつのきっかけになればと思っています。

10月より準備期間を重ねて参りましたが、来年は本稼働し、皆様とお会いする機会もご案内させていただきたいと考えております。

ぜひ、皆様とお会いできますことを楽しみにしております。

末筆ではございますが、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

代表理事 古谷治子

【このメールマガジンに関するお問合せ先】

日本講師協会 〒108-0014 東京都港区芝5-19-4 芝5ビル

お問合せ
(Tel.03-5418-4764 E-mail.info@koshi-kyokai.tokyo)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加