検定合格者のメリット

(最終更新日:2015年12月1日)

クレーム応対検定画像クレームの初期対応力と解決力を高めます。

1.組織としての取り組み
組織として、クレーム応対についての期待される行動や、結果、体制の指針が確認ができます。
2.リレーションの構築
クレームの原因が、製品や品質そのものだったとしても、大きなクレームに転じるのは、人材による場合がほとんどです。
第一印象の与え方、言葉遣い、失言、未対応、放置など個々人の応対レベルから組織規模のものまで、リレーションの構築を確認ができます。
3.フォーカシング
クレーム応対には、確実はニーズの把握が必要です。
お客様の要望や信条を理解するには「聴く技術」が存在します。
クレームの裏に隠れたニーズを掘り出すスキルレベルの確認ができます。
4.ゴールへの誘導
第一印象やリレーション、ニーズの理解までは、聴く技術が必要です。
しかし、解決策への誘導では話す技術が必要になります。
具体的解決の提示のタイミングや、提示方法、協調的説明力のレベルを確認できます。
5.事例研究
具体的なケースでの対応例を通して、実践スキルを確認できます。
5つの分野の問題を均等に解くことで、CS現場でのクレーム応対のスタンダードのが身につきます。
個人のレベルが確認できるだけでなく、クレーム応対のモチベーションが確実に向上します。
■合格者には合格証発行
クレームは企業の成長要因です。
そしてクレーム応対で会社のレベルは判断されます。
レベルの高い企業人へ、また組織作りに合格証取得は、新たな基準になっていくことでしょう。
速習!DVDクレームの初期対応と解決のポイント

Amazonで購入する>>

古谷治子 (出演), 工藤アリサ (出演)

形式:DVD

1日10分10日間の学習でクレーム対応の専門スキルを完全マスター クレーム対応力の強化は、今や企業の最優先課題です。しかし、理不尽な要求や怒りの感情をぶつけられるクレーム対応には、日常的なコミュニケーションスキルでは限界があります。そこで求められているのが、クレームに対する専門的な考え方とスキルです。 当社独自のワン・テン・100%システム(登録商標済)を採用しましたこのDVDは、誰もが苦手と感じるクレーム対応を得意技に変える職場向け教育ソフトです。クレーム対応のエキスパート育成にお役立て下さい。

【E-Learning・検定に関するお問合せ先】

日本講師協会 〒108-0014 東京都港区芝5-19-4 芝5ビル

お問合せ
(Tel.03-5418-4764 E-mail.info@koshi-kyokai.tokyo)

ご連絡

パスワード通知メールが受信できない場合や、受験の途中で不具合等が発生した場合は事務局側で新しいパスワードを発行させて頂きます。簡単な状況とID等をご記入の上、事務局あてにご連絡願います。