ビジネスマナーWEB検定合格者のメリット

(最終更新日:2015年12月1日)

企業の顔としてサービスや営業の現場で活躍できます

世界的な不況で、従来の、輸出を中心とした外需主導型の経済モデルは完全に崩壊したと言っても過言ではありません。内需を強化し、成熟し多様化した国内市場で生き残るためには、顧客接点力強化が企業の命運を分けるキーポイントです。そのためにも、その基本となるビジネスマナーに組織として取り組むことは極めて重要です。
1.ヒジネスマナースキル実践編
サービスの現場や営業等、実際の企業活動に際に必須となるビジネスマナーの基本についての基本が確認ができます。
2.来客・訪問の仕方
企業間取引の場合、商談や打ち合わせで、先方企業を訪問したり、逆にお客様を自社にお迎えする場合、個人としてだけでなく、会社の顔としてお客様と接する訳であり、第一印象を良くすることは極めて重要です。
ビジネスマナーの基本が身についている場合、相手への印象も良くなり、その後の商談や打ち合わせがスムーズに運びやすくなります。逆にビジネスマナーが出来ていないと、基本的な事柄も身についていないと思われ、ビジネスの現場で最も重要な信用を喪失してしまい、その結果、商談や打ち合わせがうまくいかないといったケースに発展してしまう傾向にあります。
一般に業務改善と言えば、数字やテクニカルな知識に走りがちですが、対人コミュニケーションスキルの基本である来客・訪問時のビジネスマナーの基礎知識について診断できます。
3.コミュニケーション力
今日の企業活動において、多くの場合、業務を完遂するためには、社内、社外において、自分以外の人や組織と連携して業務を行う必要があります。その意味で、自分の意図や内容を、相手に正確に伝えるためには、コミュニケーション力のアップが必要不可欠ですが、コミュニケーションの基礎知識について診断できます。
4. 指示の受け方・報告の仕方
企業では、業務を効率的に行うために、組織として業務を推進していきます。組織の中では、あなたの個人的な意思ではなく、組織の判断として上司の命令として、自分の考えと違った事を実行したり、部下に命じたりするケースがあります。不明確な指示や的を得ない報告の改善は企業の生産性を向上させる上で極めて重要ですが、その基礎知識について診断できます。
5. 仕事の進め方
仕事を効率よく行うためには、一般に段取りと呼ばれる仕事の進め方が重要になってきます。計画や準備もせずいきなり仕事に着手しても、多くの時間や資金を浪費させる結果となり、効率的に業務を行うことが出来ません。その基礎知識について診断できます。
■合格者には合格証発行
ビジネスマナーは企業の顧客接点強化の礎です。
ビジネスマナーの基礎知識について簡単に診断できます。
ビジネスマナー向上に向けた受検者の具体的目標として効果的です。

【E-Learning・検定に関するお問合せ先】

日本講師協会 〒108-0014 東京都港区芝5-19-4 芝5ビル

お問合せ
(Tel.03-5418-4764 E-mail.info@koshi-kyokai.tokyo)

ご連絡

パスワード通知メールが受信できない場合や、受検の途中で不具合等が発生した場合は事務局側で新しいパスワードを発行させて頂きます。簡単な状況とID等をご記入の上、事務局あてにご連絡願います。